自衛官の給料・ボーナスってどのくらい?

自衛官の給料・ボーナスってどのくらい?

自衛官の給料・ボーナスってどのくらい?

自衛隊は国家公務員としていますので安定した給料で、一般の公務員よりも手当などが充実していることから年収は高いとしています。そこで自衛官の給料・ボーナスってどのくらい?気になる人もいるのではないでしょうか。

 

自衛官に支給される手当とは?

 

俸給の調整額、俸給の特別調整額、扶養手当、期末・勤勉手当、地域手当等、防衛出動手当、航空手当、乗組手当、落下傘隊員手当、特別警備隊員手当、特殊作戦隊員手当、航海手当、営外手当、特殊勤務手当などがあります。

 

陸自、海自、空自の所属部隊や危険を伴う任務内容により手当が加算されます。また特に艦艇勤務の海上自衛官やパイロットなどは、基本給に3割以上の手当がつきますので陸自よりも高給となることが予想されます。

 

入隊区分により生涯年収に差がつく?

 

  • 自衛官候補生
  • いわゆる任期制の自衛隊員として2士、1士、士長の3つの階級があります。入隊1年では、16万~17万円としています。2年後の士長となれば17万~24万円としています。

     

  • 一般曹候補生
  • 曹階級として1年目の3曹では19万~31万としており、2曹、1曹、そして曹長では22万~43万としています。曹階級の自衛官はたいていは1曹、曹長で退官としています。

     

  • 防衛大学校卒者・一般幹部候補生
  • 防衛大学校卒者、幹部候補生の自衛官は3尉からの部隊勤務となり、23万~44万円としています。そして1尉となると27万~46万としています。その後試験により昇任すると3佐、2佐、1佐の3つの階級とする左官の幹部自衛官になり、左官で最高級とする1佐では40万~56万円としています。防衛大学校卒者のほとんどは定年時2佐か1佐として年収800万円としています。

 

そして国家公務員の2015年のボーナス平均支給額が617,800円とし、自衛官もまた同様としています。災害による派遣やPKO活動など、他危険とする任務により手当が支給されますのでサラリーマン平均年収よりは、高く長く続けることにより、階級があがり自衛官の年収もあがるとしています。

 

気になるトップの給料は?

 

陸・海・空のトップであり、国内では数十人しかいないのが将補、将官、2つの階級としています。毎月の給料は100万以上としています。トップの割には民間企業の重役クラスよりも低い年収としていますので意外に思われる方もいるのではないでしょうか。

 

防衛大学生の給料が気になる!

 

全員学生舎に居住し、被服、寝具、食事などが貸与又は支給されるほか、毎月学生手当(平成27年4月1日現在:111,800円)が支給されます。また、6月、12月には期末手当(いわゆるボーナス、年約352,170円)が支給されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ