方面音楽隊とは?教えて!

公務員を志望する人のなかには、自衛隊音楽隊を希望する大学生や音楽に携わるフリーランス、社会人の方もいます。自衛官のなかでも特殊な任務としており、そのなかでも方面音楽隊とは何か気になる方もいるのではないでしょうか。ここではそれぞれの地方方面音楽隊の特徴を紹介していますのでご覧くださいね!

 

  • 北部方面音楽隊(真駒内駐屯地)
  • 1952年に札幌市に発足した警察予備隊第2管区音楽隊が前身とし、南区真駒内に駐屯しています。主な活動としては北部方面隊音楽まつり、年2回の定期演奏会、室内楽演奏会や日本武道館での自衛隊音楽まつり、また全道各地へのコンサートツアー等の演奏活動のほか、札幌オリンピックや冬季アジア競技大会、最近では札幌ドームでのパ・リーグ開幕戦、日本シリーズオープニングセレモニーなど数々のイベントによる演奏を披露しています。

     

  • 東北方面音楽隊(仙台駐屯地)
  • 1960年(昭和35年)に創隊し、宮城県仙台市宮城野区の仙台駐屯地としています。東北6県を活動範囲として定期演奏会、青少年コンサート、音楽フェスティバル、東北管内巡回演奏、各学校における音楽鑑賞会、部内外からの要請による演奏に幅広く従事しています。

     

    また東日本大震災における災害派遣演奏など被災者の方の励まし、希望としての活動も行ってきました。そして国民と陸上自衛隊の懸け橋として年間約100回の派遣演奏を行っています。

     

  • 東部方面音楽隊(朝霞駐屯地)
  • 1960年(昭和35年)練馬駐屯地で編成完結、翌2月に36名編成となりました。関東甲信越に静岡県を含む1都10県を活動範囲として、隊員の士気の高揚、儀式、広報のための演奏を任務とし、これまでに長野冬季オリンピック、大喪の礼、即位の礼などの国家的諸行事に参加しています。

     

  • 中部方面音楽隊(伊丹駐屯地)
  • 1952年12月に発足した保安隊第3管区総監部音楽隊を前身とし1960年1月に現名称に変更となり、北陸・東海・近畿・中国・四国の2府19県を広報担当区域としています。1970年の万国博覧会や1990年の花の万国博覧会への参加の他毎年6月に開催される「3000人の吹奏楽」に通算38回出場した実績としています。

     

    また陸自発の音大出身のボーカリストを採用し、その歌声は大きな反響を呼びオファーが殺到しています。

     

  • 西部方面音楽隊(健軍駐屯地)
  • 1953年(昭和28年)に福岡駐屯地に発足した音楽隊を前身とし、現在は52人の編成で九州全域を広報担当区域としています。創隊60周年を迎え、熊本で記念演奏が開かれ2日間で2,500人が迫力ある演奏に魅了されました。また高校の吹奏楽部の演奏指導など地元活動にも積極的としています。

トップへ戻る